パーキンソン病 原因

スポンサードリンク

パーキンソン病の原因

高齢化が進行していることもあり、パーキソン病に悩まされている方が増えているといわれています。

 

主に50歳代から60歳代で発病することが多いといわれている病気ですが、その原因は発病の原因はどこにあるのでしょうか。

 

日本人の1000人に一人、約10万人の方がパーキソン病に悩まされているといわれています。

 

多くの方が困っているにもかかわらず、残念ながらその明確な原因はわかっていません。

 

現在、わかっている範囲では、中脳の黒質の細胞が何かしらの理由により減少しているということです。

 

この部分の黒質が減少することにより、神経同士の連絡に必要なドーパミンが不足し、パーキソン病の症状が現れると考えられています。

 

ここまではわかっているのですが、なぜその細胞が減少してしまうのか、という根本的なところはわかっていません。

 

現在のところ、わかっている範囲では複数の要因が複雑に関係しあっているということのみです。

 

また、ドーパミンの量が20%以上低下するとパーキソン病の症状が現れることもわかっています。

 

以上のことからわかる通り、多くの方が悩まされているパーキソン病の原因ははっきりとわかっていません。

 

そのため、原因不明の神経変性疾患といわれています。しかし、現在では症状を緩和するお薬なども登場しています。さらに、リハビリなども取り組まれています。

 

これらの治療を受ければ症状を緩やかにすることができるかもしれません。まずは診察を受けて、方針を考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

更新履歴